せどらーめぐたんの配当投資とポイ活で豊かな生活

副業で大家&せどりをしながら配当投資&ポイ活をしています。

スペラボ 中野南台店

久々に、トランクルームの収支報告。

スペラボ中野幡ヶ谷店ですが、開業から2年たたないうちに2度目の名称変更。

大丈夫だろうか・・・

短期利用や解約が続き、稼働率低下ですが、黒字をキープ。

引越しシーズンさったせいか、短期利用が多いですね。

 

今年の実績

ランニングコスト:32400円です。

1月:70%:入金額37892円

2月:75%:入金額39735円

3月:76%:入金額40036円

4月:77%:入金額40564円

5月:80%:入金額40868円

6月:72%:入金額36512円

 

月の利益は薄利ですが、減価償却で節税期間中なのでこんなもんですかね。

今後に期待です。

今年中に90%代を見たいです^^

 

 

賃貸業の方も8月から満室(9/9世帯)です。

5月に買った物件の初家賃も入金されました。

月額賃料は49.6万円+スペラボ4万前後

構想(貯金期間)8年、開業して14年。

年収370万円のサラリーマンでしたが

寄り道もあって、ここまで到達するのに22年もかかってしまいました・・・

あとは毎年、物件を買えるので賃料が60~120万位づつ増えていく計算です。

ここまでくると、勝手に資産が増えていくのが実感できます。

サラリーマンの昇給より、はるかに楽ですね・・・

 

 

 

ギリギリ住宅ローンの事前通過

住宅ローンの事前結果出揃いました。

SBI銀行:一応事前承認

しんきんローン:1480万円までしか出ませんでした。

しんきん全国保証:却下

埼玉りそな2380万円→2280万円の減額承認

フラット:却下

全体的にかなり厳しいですね

 

埼玉りそなは少しの減額ですんだのですが

最初、とんでもない条件をつけられました。

本審査の申し込み条件

建蔽率オーバーの原因になっているカーポートの撤去

それ聞いた時凄いショック

前回の増築登記の二の舞なのか‥

そもそも住宅ローンが通るかわからないのに、売主が撤去するわけ無いのです。

現金買いなら撤去不要ですし。

自分の場合、引き渡し時に撤去する前提で住宅ローンを通すつもりでした。

これについては 不動産屋経由で交渉しなんとか 引き渡し時にしてもらいました。

 

フラットの場合は厳格な基準があって

自分の場合、昨年屋根の修繕で一時的に不動産所得が大幅マイナスになっているのが引っかかってしまいました。

問い合わせしましたが一時的な出費だろうと問答無用でした。

逆に一時的な所得である譲渡所得は350万程度計上し税金も60万以上支払いましたが、所得とは見なされないというルールでした。

不動産を転がして何億稼いでも住宅ローンの審査は所得0扱いです

なので昨年の自分の年収は本業から不動産のマイナスを引いて290万円とされてしまいアウトでした。実際には売却益でお金は増えているのですが‥

サラリーマンの収入は税や社会保険料なども込みで判断です。手取りはずっと少なく家計は火の車と言う人もいるはず。

でも自営業の場合、実際には出費していない減価償却などもあり 本当は口座残高的には増える一方でも見た目は赤字と言う不思議‥

やはり個人事業主は厳しいのですね‥

 

それと節税対策しているので それも影響していますね。

節税できるならわざわざ税金払うの勿体無いし‥

住宅ローン使うなら 決算内容意識しないとダメでした。

 

本審査は埼玉りそなとSBI銀行を申し込む予定

それと最終手段でトラストにも打診

ただ利率が10倍近くですから覚悟が必要

気をつけないと破綻コースまっしぐらになりかねません。

ご利用は計画的にいきたいです‥

 

今更ですが、最初の物件

最初からトラストでやっていたら買えたかもしれません。

買いと売りを揃える必要もないし

金利が高い分、訳あり物件にも対応可能ですから。

あの物件は普通の住宅ローン向きでは無かった‥トラスト案件だった‥

今ならそれがわかります。

不動産を扱ってはいますが、あの時とっさに対処出来なかったのは 自分の知識不足、経験不足ですかね。

自宅を買うのに わざわざ高金利で借りるのは思いもよらなかったけれど、あれだけ割安なら融通のきくトラストも全然ありだったです。

1000万なら すぐに返せちゃいますし‥

気がつくのが遅かったですね。

ビッグチャンスを手にする方法はあったわけで諦めない心、大切ですね。

 

 

 

月曜日に物件の契約予定

やっと最終段階に突入です。

最速で行けば 来月の末には引っ越ししているかも知れません。